ゆくえふめいのミルクやさん

 

どんなに満ち足りた生活をおくっていても
ふと、いつもと違う道をえらんでしまいたくなること
きっと、だれにだって、ありますよね。

この絵本は、毎日毎日くり返される
町の奥さんがたとの天気のはなしにうんざりしてしまった
ミルクやさんのおはなしです。

プチ逃避行と、おなじみの毎日と
両方が愛おしくなる、おはなし。

ある日、いつものように
車に愛犬のシルビアと荷物を積んだミルクやさんでしたが、
誰の家の前にもとまらず、町を通り抜けてしまいます。

「シルビア、おもいきりしっぽをふっていいんだぜ。
今日は、とまったりはしったりしない。
とびおりたりとびのったりもなし。
おもて通りもうら通りもなければ、お天気のはなしもなし。
アメリア(愛車)の気のむくままにぶっとばすんだ」

わかれ道では、コインをなげて
ミルクやチーズとひきかえに、ガソリンや氷を手に入れて
道のむくまま、気のむくままに、旅をつづけたふたりは、
やがて、森のなかの、きれいで静かなみずうみに、たどりつきます。

そこで、こころゆくまで、好きなことをしてくらすふたりの
なんて、なんて、気持ちよさそうなこと!

こころゆくまで・・・
いい響き。

そして、こころが十分に満足したころ、
ミルクやさんは、奥さんがたや、天気のはなしがなつかしくなり
自分を待っていてくれる、いつもの毎日に、もどっていくのでした。

 

毎日をないがしろにしていたら、
待っていてくれる人がいなければ、
きっと、どんなに遠くにいったとしても
こんな素敵にのびのびとした時間は、味わえないのですよね。

帰る場所があっての、家出です。

・     ・     ・

【この本のこと】

「ゆくえふめいのミルクやさん」
ロジャー・ヂュボアザン 作 山下明生 訳
童話館出版 

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、5歳くらいから

もちろん、子ども向けに書かれたおもしろいお話ですが、
おとなが読むと、別の意味で、グッときます。

がんばりやさんのあの人に、
そっと差し出してみましょうか。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です