すーちゃんとねこ

お友だちとは、いつも仲よく。
いじわるはダメ。

そう、おとなはいうけれど。

子どもが、じょうずに本音と建前を使い分けていたら、それはそれで、いやなわけで・・・

すーちゃんとねこ

すーちゃんとねこちゃんが、おさんぽしていると、ふうせんがひとつ、とんできた。

ねこちゃんがはじめにとったのに、すーちゃんは、横どりして、家に帰っちゃった。

窓の外から、「ぼくのだよ!」っていうねこちゃんを、すーちゃんはしらんぷり。見せびらかしながら、ふうせんにキスしたり、ふうせんにお洋服着せたり、ついには、ふうせんと一緒に、おふとんにはいって眠っちゃって・・・

・     ・     ・

佐野洋子さんのデビュー作は、いじわるなお話。

ふつうのおとなが、気づかないふりして暮らしていることを、さらりと、さらけます。

いじわるしちゃったすーちゃん
これでもかって、いじわるがとまらないすーちゃん
ちっとも、わるびれないすーちゃん
つらぬきとおすすーちゃん

ドキドキしながらみつめる、わたしたちに、佐野さんの声がきこえるようです。

いじわるも、かなしいも、なかなおりも、うれしいも、きもちいいも、理屈ではなくて、本能。もっとシンプルで、神秘的なものなのよ、って。

ほら、ふうせんをとばす、すーちゃんの横顔、今、このときの風だけ、かんじてるでしょ。

 

【この本のこと】

「すーちゃんとねこ」
さのようこ 作
こぐま社

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4歳くらいから。

すーちゃんはいじわるなことをするけれど、この絵本を読んで、「いじわるはダメだよね」なんて野暮なことを言ってはいけないです。おとなが口を出した途端、子どものシンプルな世界が崩れてしまう。

子どもらしくいてほしいと思っているのに、ついつい、おとなが長いことかけて手にした良識に、つべこべ言わずに倣ってもらおうとしてしまうけれど。

やさしさも、いじわるも、きっとみんな最初から持っていて。

ケンカや仲なおり、うれしいやかなしいを、たくさん経験して、やさしい人になっていけばいいんだよなあ。

そんな気持ちで、半分自分に、読み聞かせているこの頃です。