もりのかくれんぼう

公園であそんだ帰り道、近道をするお兄ちゃんのあとにくっついて、いけ垣を通り抜けたけいこは、みたこともない大きな秋の森の入り口に、たっていました。

ドキドキするけいこを、呼び止める声がして、ふりむくと、枝や木の葉と同じ色をしたふしぎな男の子がいます。

”もりのかくれんぼう”と名乗る、その男の子は、かくれんぼをしようと、いうのです。

おにになったけいこは、”かくれんぼう”や森の動物たちをさがしますが、みんな、とってもじょうずに、かくれています。

全員、みつけられるかな?

秋の森の、やさしい金色の中に、息をひそめてかくれているどうぶつたちが、「みーつけた」の合図で、いきいきと動き出しますよ・・・

・     ・     ・

たまらない、あふれる、秋の黄金色!

ファンタジーと、美しく巧みなかくし絵がいっしょになった、たのしい絵本。

子どもならみんな知っている、かくれんぼの静と動。心細さとうれしさ、ドキドキと、ワクワク。見つかるまでの緊張感や、見つかったときの安心、そんなところまで、あますところなく描いています。

「あんたが、この もりに はいってきたときから、おいら、すぐそばに、こっそりかくれていたんだぜ。」

そう言っている通り、”かくれんぼう”は、けいこが森にやってきたときから、ずっと近くでいたずらっぽい笑顔を浮かべています。

そう、表紙でだって・・・ね。

 

【この本のこと】

「もりのかくれんぼう」
末吉暁子 作
林明子  絵
偕成社

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3、4歳から

木の葉や夕焼け、秋の色でいっぱいなので、季節にはぜひ手に取りたい1冊です。

みんな、とてもかくれるのが上手なので、よーく探さないと見つからないかもしれません。

”かくれんぼう”にいたっては、上手すぎて、あれどこだっけ??なんて、読むたびに、目を凝らさないといけません。

他のすぐれたファンタジー絵本と同じように、異世界への入り口が身近でわかりやすい、だけでなく、ゆっくりと魔法がとけていくような、現実への戻り方が、とてもいいなあと、思います。

キツネにつままれたような、不思議な気持ちが、残ります。