こぎつねコンチ

こぎつねのコンチと、おかあさんの、小さなおはなし集。

おひさまのきもちのいい、春の日。

お母さんのエプロンについているポケットと、同じくらい大きなポケットをほしがるコンチに、お母さんは、すてきなものを縫ってあげます。

5月の母の日には、コンチが、お母さんのよろこぶ、たのしいプレゼントをみつけます。

いちご、たなばた、川あそびに、十五夜、落ち葉に、雪合戦、お正月・・・

家族や、なかよしのお友だちと一緒に、季節の移ろいの中で営まれるおだやかな毎日が、12か月、12話のおはなしに、なっています。

・     ・     ・

小さな子どもたちにとって、ささやかな毎日は、大きな宝箱。

のぞけば、たのしいことが、ころころ、ころころ。石ころだって、ほうきだって、輝いて。

コンチの満たされた世界を通して、幼い子どもにとっての大切なもの、必要なものが、よくわかります。

家族のたっぷりの愛情、受容、自由、時間。そしてなかよしのお友だち。もう、いうことなくしあわせだね。

 

【この本のこと】

「こぎつねコンチ」
中川李枝子 文 山脇百合子 絵 のら書店

【だれにおすすめ?】

自分で読むなら、1、2年生くらい。

ひとつひとつのお話は、3〜5分もあれば読み聞かせられるほど短いので、読んであげれば、幼稚園の入学くらいから、たのしめます。

ことり文庫では、はじめての童話の読み聞かせ、はじめてのひとり読み。どちらにもおすすめしていて、とても人気。

子どもたちを、安心ですっぽりと包むだけでなく、お母さんにも、やさしいきもちを、届けてくれると、思います。