はだしになっちゃえ

ようやく夏休み。

学校や幼稚園が終わると、ランドセルや体操服と一緒に、しばらく出番がなくなるのが、靴下。もう、どこに行くにもビーサンか草履で、足もこころも、解放!

気持ちのいい季節です。

水着に浮き輪、ビーサンで、海にやってきた男の子。

サラサラの砂浜は、サンダルでは歩きにくく、えーいはだしになちゃえと、放り出します。

焼けて熱い砂浜を駆け抜け、波打ち際はひんやりしめっていい気持ち。波が引く時には、足の裏の砂も一緒に、ずずうーっと連れて行く。

浮き輪でぷかぷか、足で蹴って進む。バタ足で一瞬、水からのぞく。たっぷり遊んで寝転べば、足の裏をお日さまがあたためる。

そう、夏の主役は、はだしの足かも?!

もっと夏を楽しみたければ、みんな、はだしになっちゃえ!

・     ・     ・

海辺ではだしで遊んだことのある子には、わかるわかる、みんな知っている感覚。

海だけでなく、草むらや土、木登り、水たまりだって、はだしになると、何かが違う。チクチク、じっとり、あたたかい、冷たい、ザラザラしている・・・目や鼻や手のひらみたいに、足にもいろいろな感覚を味あわせてあげましょう。

はだしになると、いろいろと効用もあるようですが、何より、自由。これに尽きます。

【この本のこと】

ふしぎなたねシリーズ「はだしになっちゃえ」
小長谷清実 文
サイトウマサミツ 絵
福音館書店

【誰におすすめ?】

読んであげるなら2、3歳くらいから。

手足が汚れるのが苦手な子も、この楽しそうな様子を見て、やってみたいな、と思ってくれるかも?そんな、気づきのきっかけをくれる、月刊「ちいさなかがくのとも」の中の1冊で、ハードカバーになっています。

海で思いっきり遊びたくなる絵本でもあります。