ラージャのカレー

ゆうやけこやけの、帰り道。

どこかの家から、ナイター中継の音と一緒に流れてくる、晩ごはんのにおい。

通り過ぎながら、ふわっとわが家へ心がとぶ、あの一瞬は、夏の好きなところの、ひとつでした。

近ごろは、窓をしめてクーラーのおうちが多いので、なおさら、そんな瞬間に出会うと、うれしくて、うれしくて。

にんにくや生姜をいっぱい使った、中華もいいね。

焼き魚とおみそ汁のにおいに、ぐっとこない人はいないし・・

でも、いつだって1番、食欲をそそるのは、なんといっても、カレーでしょう。

ちょっと疲れ気味の、夏の終わりは、カレーで決まり!

ラージャのカレー

ラージャは、南の島の、カレー屋です。

どんな材料でも、ぴったりのスパイスで、とびきりおいしいカレーに仕上げるラージャのカレー。

暑さでどんなにぐったりしていても、じっくり辛さのしみこんだラージャのカレーを口にすると、たちまち元気になるのです。

おいしいだけでなく、大事な役目も果たします。

朝、まだ涼しいうちから作り始めるラージャのカレーのにおいは、ジャングルを通って・・・

川ではたらく人たちをはげまし、
バザールの人たちを元気づけ、
お茶をつんだり、畑をたがやす人たちにお昼を知らせ

やがて、においは風にのり、上へ上へ。

そして、とうとう、入道雲をピリピリふるえさせ、カレーのにおいは、かみなりになります。

動物たちをよろこばせ、涼しい風を運んでくる、スコールのわけは、ラージャのカレーだったのですよ。

カレーって、すごいんです!

南の島の、熱い熱い空気の中を、のんびりと流れる時間が、そのまま描かれたような、絵本です。

ラージャのカレーのにおいをまとい、人も、動物も、町もみんなとても、すてきな表情をしています。

・     ・     ・

<ラージャのカレー 本日のメニュー>

とれたての白身魚とココナッツのカレー

1 ぴったりのスパイスをまぜます

2 スパイスを粉になるまですりつぶします

3 いためたたまねぎとよーくまぜます

4 魚をトントン切って、ソースをかけて
油でカラリとあげます

5 水とココナッツをいれます

6 大きななべで、グツグツグツグツ煮込みます

7 ヒリヒリからくて、おいしいにおいがプーンとただよってきたら・・・

めしあがれ!

・     ・     ・

【この本のこと】

「ラージャのカレー」
国松エリカ 作 偕成社

【だれにおすすめ?】

長くないので、3歳くらいから聞けますが、物語のスケールを味わえるのは、5歳くらいからがいいかな

くいしんぼう、本格カレー好きのおとなも、きっとはまります!