おやゆびひめの絵本、2冊

2冊並べた、「おやゆびひめ」

昔話の絵本も多く手がける、イギリスのバーナデットは、はなやかで愛らしく

アンデルセンと同じデンマーク出身のオットーは、作者の質実な雰囲気を映して

どちらか、本当に、迷うところです。

ちなみに、我が家にあるのは、バーナデット。

最後の場面の、野の花に囲まれて、ほのぼのハッピーな感じが好きなのだけど、逆に、全体的にかわいらしすぎて、影の部分が薄くなってしまう・・・

オットーの、花びらのボートの場面は、小さい頃、お話を聞いて、思い浮かべていた通りで、ほんとうにすてき。

・・・・

けれど、昔話や名作の絵本選びは、難しいなあと、あらためて思います。

絵がお話より先を行きすぎたり・・・

語りではなく、一つの場面がクローズアップされた絵を見ながら、子どもは、そのほかのイメージをどんな風に紡ぐのでしょう?

いろいろと、迷ってしまいますね。

・     ・     ・

【この本のこと】

「おやゆび姫」
アンデルセン 作 バーナデット・ワッツ 絵 大庭みな子 訳
西村書店

「おやゆびひめ」
アンデルセン 作 スベン・オットー 絵 乾 侑美子 訳
童話館出版

【だれにおすすめ?】

どちらも、原作に忠実に訳してあるので長く、ストーリーに起伏があり、言葉も易しくはないので、5、6歳くらいからになると思います。

小学生のひとり読みにもおすすめです。

我が家では、ひと晩では読み切れないので、場面展開に合わせて、2、3夜にわけて読んでいます。

名作童話を絵本で読むかどうかとは別に、小さな子にはどう与えるか、という問題もありますが、ことり文庫では、完訳が楽しめるようになるまで待ってもいいのでは?、とお伝えしています。

物語は、あらすじじゃ、たのしめないですもんね。