そのつもり

 

ー ここは 森の なかです。
  かぜが ソヨソヨ ふいて います。
  森の なまえは ”そのつ森”。

             (本文より)

そのつ森では、動物たちの会議が
ずうっと開かれてきました。

森にある空き地を、どんなふうに使えばいいのか、
話し合う会議です。

でも、もう、何年も何年も、決まりません。

きょうも、会議で、みんなは、アイディアをだします。

 

穴をほって、温泉にしよう、とか
山よりも高いものを、つくりたい、とか
海にしたい、とか、オバケを住ませたい、とか。

そのたびに、みんなで、じっと”そのつもり”になって、
「いいねぇ、それ」と、言い合うのです。

 

きっと、このあき地には、これからもずっと
なんにもできないのだろうな、と思います。

だって、もし、なにかができてしまったら、
”そのつもり”になって、みんなで「いいねぇ」って
言えませんもんね。

だからって、
なんにもつくらないって、決めてしまうのも
つまらないのです。

決めてしまったら、やっぱり、一生懸命”そのつもり”に
なることは、もう、できませんもんね。

 

森を、どんな形にも変えることもできる、空き地。

いいねぇ、それ。

わたしも、ひとつ、作ろう。

いいねぇ、それ。

・     ・     ・

【この本のこと】

「そのつもり」
荒井良二 作 講談社

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4、5歳から

動物たちが順番に披露する、
思いのつまったアイディアがページいっぱいに描かれ
隅々まで見応えがあるので、
小学生が自分で読むのにもおすすめです。

決断したり白黒つけるのにつかれた、
おとなの心も、癒します。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です