まあちゃんのながいかみ

娘は、3歳をすぎると、朝おきてすぐから、カチューシャやらブレスレットやらを、ジャラジャラと装備していました。

1日に何度も、スカートやアクセサリーを取り替えて、妖精や、プリンセスや、歌手やフラダンサーに変身して、なにやらやっているのです。

おともだちと遊んでも、「わたし、6歳のおねえさん〜」「わたし、しらゆきひめ〜」なんて言い合って。

生まれもった変身願望に、感心する日々です。

おかっぱ頭のまあちゃんが、お友だちと3人でお茶をしながら「わたしの髪がながーーーくのびたら」と盛り上がるこの絵本。

おしゃべり・変身・妄想、という、女子の永遠の3大好物がそろって、大人気です。

橋のうえから、おさげで釣りができるし

髪の毛にくるまって、木の上で寝られるし

洗濯ものも干せちゃうし

洗うのだって、とかすのだって
どんなにおもしろいか!

さらに、パーマをかけちゃったら・・・

なんて。

女の子の中には、憧れがいっぱい。

この、あーだこーだ言い合うのがたのしい、っていう感覚も、男子に、わかるかな〜

【この本のこと】

「まあちゃんのながいかみ」
たかどのほうこ 作 福音館書店

【だれにおすすめ?】

3歳くらいから小学生まで、おしゃまな女の子なら、誰でもおすすめ。

ページをめくると次々に現れる大胆で魅力的な妄想が、かわいいやら、おもしろいやら。

続編に「まあちゃんのまほう」もあります。