ずどんといっぱつ

「一発逆転」

この言葉もたらす希望的な響きが、どれだけ人生を励まし、大きく広げ、そして、おもしろくしてくれていることか!

ずどんといっぱつ

シンプは、ちっぽけで太っちょで、しっぽの切れた、誰が見たってみにくい子犬でした。

兄弟たちの中でシンプだけもらい手が見つからず、困った飼い主のおじさんは、シンプを車に乗せ、町外れのゴミ捨て場のそばにぽいっと捨ててしまいました。

ーどうしてわたしだけ、ひとりぼっちでおいていかれるの

ゴミ捨て場のネズミにすら追い払われ、道行く人にも相手にされず、猫に威嚇され、野犬狩りの男に捕まり、シンプはついに野犬収容所へ・・・

・     ・     ・

人生のしょっぱなから悲運で、目も当てられない状況の続くシンプ。でも、ここで、シンプは自分で一歩を踏み出します。収容所へ向かう車から飛び降り、逃げて逃げて、サーカスのテント村にたどり着くのです。

そこで出会った落ち目のピエロのおじさんと心を通わせ、ついに、運命の扉を開くときがやってきます。

拍手喝采!

・     ・     ・

シンプは、豊かに生きるために絶対に必要なものー居場所ーを得て、きっとずっと続くであろう幸せな結末を迎えました。

人生をあきらめないこと、知恵を使うこと、自分で切り開くこと。

「一発逆転」

これがあるから、人生はおもしろく、何があっても捨てたものではなく、でも、ただ待っていてもやってこない。

まずは地に足をつけて、今できることを、一生懸命にしないとね。

 

【この本のこと】

「ずどんといっぱつ すていぬシンプだいかつやく」
ジョン・バーニンガム 作
わたなべしげお 訳
童話館出版

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4、5歳くらいから。

とてもスカッとする物語で、我が子たちは、シンプが活躍する場面では、何度読んでも、文字通り手をたたいて喜びます。子どもたちは、シンプの手にしたものがどんなに大切なものか、わかるのだと思います。

バーニンガムの初期の作品のうちの1冊で、いろいろな画材を使って塗り重ねたような絵も、物語同様に力強く、見応えがあります。