ながいよるのおつきさま

 

静かな夜、お母さんが赤ちゃんを抱っこして
夜の中へ散歩に出かける。
こもりうたのように、詩を口にしながら。

ー Stormy Moon

  1がつは あらしの おつきさま
  きりの なかで
  こおりの なかで
  おおかみの せなかで
  おつきさまは きらりと きらめく

  みつけよう つきの ひかりを
  みつけよう うちに かえる みちを

           (本文より)

 

むかしむかし、
ネイティブ・アメリカンが満月につけた
12の美しい名前。

白くくっきりと浮かぶ、2月のSnow Moon
ほんのりと色づいた、6月のStrowberry Moon

朝がくるのを信じて、待ち続ける、12月のLong Night Moon

親しみやすいその名前が、ひとつひとつの月に添えられた言葉が、
それはそれはやさしく響き、読む人を包みます。

 

一日が終わるころ、ひっそりとはじまる、もうひとつの時間。

大地を映し、
ゆるやかに表情を変えるおつきさまに見守られながら、
静かに息づき、驚きを秘め、朝へむかって流れる時。

月夜をそのまま、そっと包んで、目の前でほどいてみたような、
静かで、力強く、親密な、ひとときを。

 

あなたのおつきさまは、なんですか?

・     ・     ・

【この本のこと】

「ながいよるのおつきさま」
シンシア・ライラント 作 マーク・シーゲル   絵
渡辺葉 訳 講談社

【だれにおすすめ?】

詩の絵本なので、あまり年齢は問いません。

小さな子は、意味がよくわからなくても、
耳を傾け、絵の中にはいることはできます。

小学校の読み聞かせにも。

十二の月に、
美しい名前と言葉が添えられているので、
ことり文庫では、出産祝いにもおすすめしています。

月が好きな人は多いので、
そんな方への贈り物にもよろこばれると思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です