木はいいなあ

 

ー たった 一ぽんでも、木が あるのは いいなあ。
  木には はっぱが ついている。
  はっぱは なつじゅう、そよかぜの なかで、
  ひゅる ひゅる ひゅるーっと、くちぶえを ふいているよ。

               (本文より)

ふと口をついてでてきたような、素直で衒いのない言葉と
すーっとのびのびとした絵で、
まっすぐに、さらさらと、木を讃えます。

木の讃歌・・というほど大げさではなく、
だいすきな家族や友だちを紹介するように
心ゆくまで木のいいところをおしえてくれます。

木にはブランコがつけられるよ
はたけでひとやすみのときには、木にクワをたてかけるよ
あついとき、牛は木陰でじっとしているよ

et cetera・・・

はるも、なつも、あきも、ふゆも
ただ、手を広げながら、いつだってそこにあって、
どんなときも、木はいいなあ・・って。

 

こんな風に、いろいろなものを楽しめたら、たのしいです。

クモはいいなぁ。
雨がふると、おうちがひかるよ。

とかね。

こんな風に、毎日毎日でも、
おとなりにあるもののいろんな顔に、
いいなあっておもえるのが、いいなあ。

・     ・     ・

【この本のこと】

「木はいいなあ」
ユードリイ 作 シーモント 絵 偕成社

【だれにおすすめ?】

1編の詩に絵をつけた絵本です。

文字も少なく、難しい言葉もなく、
読んであげるなら、年齢はあまり選ばず
3歳くらいから、上は何歳でもたのしめます。

シンプルだからこそ、
おとなも、子どもと同じようにたのしめます。

木には、癒し効果もありますね。

森林浴みたいに、気持ちい絵本です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です