100ぴきのいぬ100のなまえ

 

動物と暮すのは、たのしいです。

わたしは、子どものころ、犬と暮していて、
おとなになってからも、やっぱり犬と暮していました。

名前は、「チとキ」。

わたしと夫が、子どものころに読んだ童話に出てくる、
ふたごのいたずらネズミから、もらいました。

ぴったりのいい名前をつけるは、いつもむずかしいけれど、
いろんな人に、たくさん呼ばれていると、
知らないうちに、みるみる、いい名前になっていきます。

100ぴきの犬と、暮している、女の人の1日。

100枚のお皿。

ぶらしをかけるのも、遊ぶのも、おしゃべりも、100倍。

性格も、100通り、
くせも、100通り、
もちろん、名前も、100こです。

もわもわ、ジンジャー、ババロア、そっと、さっぱり、
ぺったん、なっとく、しらたま、だいふく、リボン、るんるん
レーズン、デザート、いやいや、ひゃくてん、ジュース

いつも、ちゅ、ぎゅ・・・にゃんこまで!

名前もいろいろなら、
もちろん、その名前主も個性豊か。

私たちの「チとキ」は、
病気で手術をして、車椅子で走り回っていたのだけど、
そんな、車椅子の子も、いるんですよ。

 

犬は、人間と同じで、名前を呼ばれるのが好き。

呼ばれると、しっぽが
つい、ふりふり動いてしまいます。

女の人が、毎日、毎日、愛情こめてみんなを呼ぶので、
100の名前は、どれもぴったり。

100通りの寝相も、本当に、かわいいくて
犬と、犬への愛があふれる絵本です。

すべての、犬の好きな人と、
犬との暮らしを、夢みる人に。

・     ・     ・

【この本のこと】

「100ぴきのいぬ 100のなまえ」
チンルン・リー 作 きたやまようこ 訳
フレーベル館(品切)

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3、4歳くらいから

100匹の犬の様子を眺めているだけでも楽しく、
犬の好きな子なら、
小学生でも、中学生でも、気にいると思います。

もちろん、おとなでも♪

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です