あつさのせい?

あつくて、あつくて・・・

気がつくと、床にころがっている。

何をするにも、いつもの、倍くらい、かかって。

というか、ほんとうは、何にもしたくなくて。

だって、暑くてやる気が起きないから、学校は夏のあいだずっと、お休みなわけで。

日本では、お盆休みというから、ちょっとピンとこないけど、外国では、バカンス。暑くて働いていられないから、お休みするわけで。

いいんです、それで。

まあいいか、暑いしね・・・

の気持ちで、ゆるし、ゆるされる、そんな夏が大好きです。

ーとってもあついひ、えきのプラットホームで、うまのはいどうさんは、ぼうしをとってあせをぬぐっていると、でんしゃがやってきたので、いそいでヒヒンととびのりました。

ベンチに置き忘れた帽子をみつけたきつねのとりうち君は、トイレでこそっとかぶってみて、そのイカした姿に、ポーッとなって、かごを忘れていきました。

かごをみつけたブタの三吉は、はいっていたお風呂道具を持って銭湯にいき、シャンプーを忘れ、そのシャンプーのにおいにうっとりしたうしの山口さんは、キャラメルを落とし、そのキャラメルをひろったやぎのよし子さんは、ハンカチをとばし、そのハンカチをひろったくまののぶこさんは・・・

異国情緒あふれる、どこかの小さな町での、できごとです。

暑くて、暑くて、みんな、うっかりしています。

暑くて、暑くて、みんな、こまかいことを、考えられません。

これが冬だったらと、考えてみると・・・ブルブル、ふるえます、きっと、殴り合いでしょう。

暑さでポーッとするくらいが、ちょうどいいことも、たくさん、あるんですよ。

せっかく、暑いのだから、ポーッと、すごしましょうね。

 

【この本のこと】

「あつさのせい?」
スズキコージ 作 福音館書店

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4歳くらいから

切れ間なく、次々に連なっていくお話。時代も場所も不明な町。短い絵本ですが、読み応えは十分。むしろ、短いからこそ、キツネにつままれたような気分で、何度も開きたくなります。

みんなちょっと悪いことしているのに、めでたしめでたし、なのも、もちろん暑さのせい、ですね。