おさるのまいにち

 

ちいさな南のしまにすむ、
おさるたちのまいにちは・・・

あさ、おひさまがのぼるとめをさまし、
まず、おしっこをして
ごはんをたべます。

それからけづくろいをして、
きのぼりをしたり
かえるなげをしたり
みずあびをしたりして、
よるになったらねむります。

つぎのひも、
やっぱりおひさまがのぼるとめをさまし、
おしっこをしたり、ごはんをたべたり・・・

つぎのつぎのひも
おひさまがのぼると・・・

 

毎日、毎日、
おなじリズムで、流れる時間。

世界中を旅するうみがめのおじいさんが
島にたちよって、旅のおはなしをしてくれるのが、
1年に1度か2度の、スペシャルイベント。

ここぞとばかりに、
わくわくを、たっぷり、しっかり、味わいます。

そして、また、さらりと
おじいさんは旅に、
おさるたちは、いつもの毎日にもどっていくのでした。

・     ・     ・

時間は、使うものでも、節約するものでもなく
過ごすものなんだ ー

と書いたのは、カニグズバーグでしたが、
この本のおさるたちは、まさにそのとおり。

ただ日々を過ごすことが、生きること。

ただ、のんきなだけじゃない
すばらしくシンプルな生き様なのです。

・     ・     ・

【この本のこと】

「おさるのまいにち」
いとうひろし 作 講談社

【だれにおすすめ?】

幼年童話の中でも
かなり文字が大きく、少なく、
どのページにも絵があるので、
はじめてのひとり読みにも。

読んであげれば、3、4歳くらいから、たのしめます。

おとなにとっては、
本の中の、ゆーっくりのーんびり流れる時間が、
深く深呼吸したように、心地いいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です