【わらべうたの絵本】あぶくたった

 

あーぶくたった
にえたった
にえたかどうだか
たべてみよ♪

まあるくなって、お友だちの頭を
もしゃもしゃして、歌って遊んだ記憶。

でも、そういえば、これ、一体、何を煮ていたんでしょう・・・

この絵本では、それは、小豆!

コトコト煮るお鍋のまわりで、
おさじ片手に、まだかまだかと待つねずみの家族。

ほかほかあま〜い湯気が立ち上り、
「もうにえた!」の一言が、とってもうれしい。

おもちがまだまだいっぱいのこの季節に
読むのにぴったりの絵本なのでした。

絵本では、ここで終わっているけれど、
実際に遊んで、盛り上がるのは、ここからですよね。

戸棚にしまって、お風呂に入って、お布団敷いて
寝ていると、とんとんとん、と音がして・・・

おばけの音!
で、きゃーっと、逃げる

もう、お鍋なんて、そっちのけ。

みんなで大声だして、笑って、
きゃあきゃあ言って、走りまわって。

書いているだけで、あの頃にタイムスリップして
こころがほかほかしてきます。

今の子どもたちにも、教えてあげましょ。

・     ・     ・

【この本のこと】

「あぶくたった」
構成・絵 さいとうしのぶ ひさかたチャイルド

【だれにおすすめ?】

2、3歳から、楽しめます。

もう少し大きい子なら
そこから遊びにも発展できるし、
大勢での読み聞かせにも向いています。

「あっちゃんあがつく」でおなじみの
さいとうしのぶさんの食べ物を囲む風景は、
いつだって楽しげで、子どもに大人気です♪

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です