わたしとあそんで

 

自分から、「あそびましょ」と言えるのは
とっても気持ちがいいなあ、と思います。

でも、耳や気持ちを澄ませて、
じっと、そっと、寄り添っていることも、
すてきなコミニュケーションのひとつ。

静かにしていたって、
心の中は、いっぱい、動いているもんね。

ほら、この女の子の表情!

ある、きもちのいい朝、
女の子がはらっぱへ遊びにいきました。

草の上のバッタ、ひなたぼっこをしているカメ、
お花をたべているうさぎと、
出会う動物たちに次々と「あそびましょ」と声をかけますが、
みんな逃げていってしまいます。

しょんぼりした女の子が池のほとりにすわっていると・・・

 

しずかに、そっと読む絵本です。

しずかに、そっと、
くるくる変わるいきいきとした女の子の表情や
どこからでも女の子を見守るやさしいお日さまのひかりに
心地よく身を任せて。

すると・・

 

草が風に揺れる音や小鳥のさえずりが聞こえてきます。
朝露にぬれた土のにおいや、
春のお日さまのひかりも、感じられると思います。

本当に静かなお話ですが、
思わず息を詰めてしまうほどの、
ドキドキワクワクも、あるのです。

我が家の娘は、いつも、クスクス笑います。

 

まだ、やさしく、やわらかいおひさまと、
白いワンピースが、
初夏にぴったりの、絵本です。

 

・     ・     ・

【この本のこと】

「わたしとあそんで」
マリー・ホール・エッツ 作 与田準一 訳
福音館書店

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3歳くらいから。

文章は少ないですが、
しずかに広がる世界はとても豊かで、
年上の子でも、満足できます。

この表紙が、大好きです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です