フローラのにわ

 

想像してみてください。

小さな、花の女の子の世界。

 

花の名前は、みんなわかって、あいさつをするように、お庭をふらり。

テントウムシたちと、朝のおさんぽ。アリたちとは、松葉をつかって、かぞえっこ。

大きな落ち葉の上で、おひるねをして、おひざで眠ってしまった、マルハナバチを、そっとなでて。

風がそよいだら、スズランや、ホタルブクロの奏でる音に、耳をすます・・・

それから、カエルに、小川で泳ぎも、ならいたい!

 

きっと、それは、それは、おだやかな日々。

でも、それだけじゃ少し足りない・・・女の子の毎日を、満ち足りたものにするのに、大切なものが、ね。

フローラは、とても小さな女の子です。

たぶん、ブルーベリーの精。

小さな森のわきの、小さな野原で、ブルーベリーの木立のアーチのかかった扉のむこうのこけの屋根のおうちに、住んでいます。

花や虫や動物たちと、なかよし。

とてもおだやかな日々ですが、雨のふる日には、ふと、なんでもおしゃべりできる友だちがほしいな、と、思うこともあります。

 

そんな、ある、雨の日、ひとりで森にお散歩にでていたフローラが、こころぼそい気持ちで帰ってくると、ちょうど雨があがり、さっと光りがさしました。

もどってきたおなじみの色や音

そして、そのむこうで、待っていたのは・・・

・     ・     ・

作者は、自然の中にある、小さな命ー草花や虫や動物、それに妖精たちもーを優しい目で描き、ベスコフ賞を受賞したこともある、スウェーデンの絵本作家です。

描かれるどんな小さな草花にも、生き物にも、それぞれ1つずつ、きちんと命が宿っています。

苔むす森の、しっとりとした空気が気持ちいい、雨の日の出会いのおはなしです。

 

 

【この本のこと】

「フローラのにわ」
クリスティーナ・ディーグマン 作
ひしきあきらこ 訳 福音館書店

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4歳くらいから。

自然や妖精の好きな子(おとなも!)に。

1本1本の草花もとても丁寧に描いてあるおかげで、フローネの暮らしを近くに感じられます。

派手なことは何も起きないけれど、まるで自分が小さな精になったように、自然そのものを楽しめる絵本です。

見返しは、たくさんの勿忘草が並び、そんなところまで、とっても素敵です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です