あめがふるときちょうちょうはどこへ

 

ーあめ、あめ、あめ、あめ。
 あめが ふるとき、
 ちょうちょうは、
 どこへ いくのかしら。

想像してごらん・・・?

おだやかな雨の日の色。青味のある、やさしいグレー。

雨の日のおしゃべりは、雨音といっしょ。ぽつ、ぽつ、ぽつ、ささやくような声で。

雨の日のこころは、窓のそとへ。あの子はどうしているのかな・・・

そんな、静かで、気持ちのゆったりとした雨の日に、とてもよく似合う、絵本です。

 

雨がふりはじめ、もぐらは穴にかくれます。みつばちは巣にかえります。

ことりは?ねこは?
へびは?ばったは?

みんな、どこへいくのかしら・・・

・        ・        ・

静かなことばのながれに、こころを遊ばせて、雨の日の動物たち、虫たちのようすを、そっとのぞきます。

ちょうちょうは、どこへ?

その答えは、書かれません。

ぽつんと落ちた小さな疑問が、ぽわんぽわんと、広がります。

雨の日のふしぎなお散歩へ

何度でもでかけたくなる、詩のような味わいの、美しい絵本。

 

 

【この本のこと】

「あめがふるときちょうちょうはどこへ」
メイ・ゲアリック 文 レナード・ワイスガード 絵
岡部うた子 訳 金の星社

【だれにおすすめ?】

詩のような言葉の流れがとても美しく、優しく、小さな子でも心地よく耳を傾けることができます。

内容をより理解して、イメージを広げるなら、4、5歳くらいから。

ブルーのグラデーションで描かれた絵も素晴らしいので、年齢を問わず、女性への贈り物にもよろこばれると思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です