ねこのセーター

 

穴のあいたセーター着てる人、集まれ〜

さむがりで、なまけもののねこ。

ねこのセーターは、ぶかぶかで、ぼろぼろで、
おおきな穴が2つもあいています。

ねこはさむがりなくせに、
こんなセーターを着ているのです。

 

ねこは、毎日おうちで、
どんぐりにぼうしをかぶせる仕事を、しています。

「ぼうしいれ」なんて書いた箱を、ちゃんと用意したりして、
ねこは、どんぐりに、なかなかやさしいのでした。

でも、なまけものなので、3つばかりぼうしをかぶせると、
もうめんどうくさくなって、なまけはじめて、
どんぐりたちに、ばかにされて、くやしい思いをするのです。

 

ふ、ふ、ふ。

そんなねこの、1日です。

ねこは、さらに、せっかちで、
おぎょうぎがわるくて、はずかしがりやで、なきむしで、
ちょっとだらしがなくて、はやおきなのです。

それで、ふたつ穴のあいたセーターを、たぶん、気に入っているのです。

まったく、もう、憎めないねこなのです。

 

とくべつに大事と思わなくても、愛着のある、毎日。
穴のあいた、セーターみたいな。

まじめに、自分をかくさず、でもゆるっと。

そのくらいが、ちょうどいいなあ。

・     ・     ・

【この本のこと】

「ねこのセーター」
おいかわけんじ たけうちまゆこ 文溪堂

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4歳くらいから。

独特の空気に好みは分かれ、
好きな人なら、小学生でも中学生でも
ハマると思います。

他人事とは思えないねこの様子に、
ハートをつかまれるおとなも続出。

ゆるっとしたものの好きなお友だちへの
プレゼントにもおすすめ。

ことり文庫では、どんぐり絵本としても、活躍しています。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です