もりのえほん

 

文字も、ストーリーもない絵本です。

ページをひらき
しっとりと静かな、森のなかへ・・

なんてことのない森の風景。

でも、あたりをみまわしてみてください。

たくさんの動物が息をひそめているのが
わかりますか?

そう、これは、探し絵の絵本です。

かんたんにみつかるものもあれば、アリのように、ちいさくてみつからないもの、人間のように、おおきすぎてみつからないもの・・・なにしろ、多いところには、見開きで20頭(匹)以上もの動物がかくれているのですから。

目をじっとひらいて、すみからすみまで、丁寧に。

1枚の絵を眺めるように。

まるで本当の森の中で、枝の向こうや草むらの陰に生き物の気配を探すように・・・ そよ風で木の葉が動いただけでも、敏感に反応するように・・・ゆっくりゆっくり、森の散策をたのしみます。

 

あまり夢中で、奥に進みすぎると、ほんとうはいないはずの動物まで、見えてしまうかもしれませんので、ご注意を。

 

【この本のこと】

「もりのえほん」
安野光雅 作 福音館書店

【だれにおすすめ?】

文字はタイトル以外ひとつもないので、読めません。

親子で一緒に眺めるのもたのしいと思いますが、おとなは、すぐに、答えを知りたくなるし、教えたくなってしまいます。それはとてももったいない。

わたしが子どもの頃持っていたこの絵本はペーパーバックで、たぶん、答えあわせはなくて、誰も教えてくれないし、何年も飽きずに眺めました。

今出版されているものは、巻末に答えあわせが載っているのですが、塗りつぶしてしまえば、一生、森をさまよえますよ。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です