じゃむじゃむどんくまさん

 

♪ のっそり のっぽの どんくまさん
  まちいちばんの ちからもち

  のっそり のろまな どんくまさん
  なにを やっても だいしっぱい

  のっそり のんきな どんくまさん
  やさしいんだもん だいすきさ

            (「どんくまさん」より)

ある日、木の下でお昼寝していた
どんくまさんのあたまに、りんごがぽとん。

どんくまさんは、
ついたのしくなって、鈴なりのりんごの実をぜんぶ
木から落としてしまいました。

おまわりさんには叱られましたが、
りんごの木の持ち主のうさぎのおじさんは、
ちょうどよかった、って。

おじさんは、ジャム屋さんだったのです。

ジャム作りを手伝うことになり、
一晩かけて、たっぷり作ったできたてのりんごジャムをもって
町に売りにいったどんくまさん。

売り切れたのはよかったのですが・・・

 

26作あるどんくまさんシリーズの中でも、
秋色とあまいにおいがあふれる、人気の1冊。

柿本さんの絵は、「ひだまり」ということばが、ぴったりで、
包まれるようなあたたかさに、安らぎます。

 

気はやさしくて、力もち、
というのは、どんくまさんのこと。

悪気はないのだけど、失敗ばかりで、
毎回、落ち込んでしまうどんくまさんを、
子どもたちは、とても人ごとではない気持ちで
見守るのでしょう。

でもね、だいじょうぶ。

どんくまさんのやさしさは、
まわりのみーんなに、ちゃんと伝わります。

”やさしいっていいね”
”失敗したって大丈夫”

そんなシンプルな思いを
どんくまさんが、のっそりのっそり、届けてくれますよ♪

・     ・     ・

【この本のこと】


「じゃむじゃむどんくまさん」
柿本幸造 絵 蔵冨千鶴子 文 至光社

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3、4歳から

今は品切れのものも入れて
20冊以上もある、
かくれた名作シリーズです。

どのお話でも、だいたい
どんくまさんは失敗してしまうのですが、
子どもたちは、どんくまさんの味方です。

親子でほくほく、あったかい気持ちになりたいときは、
どんくまさんを、ぜひ、どうぞ!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です