おひるねのいえ

朝からの雨。

部屋はうす暗く、空気はとどまり、頭もすっきりせず。しとしと雨音を聞きながら、夢とうつつのはざまのような時間。

おひるねのいえ

しとしと雨が降っています。

おひるねのいえでは、みんな寝ています。

おうちのなかには、きもちのいーいベッド。
ベッドのうえには、おばあちゃん。

おばあちゃんのうえに、ぼうやがのっかる。

ぼうやのしたには、いびきをかいてるおばあちゃん。
おばあちゃんのしたには、きもちのいーいベッド。

おばあちゃん、ぼうや、いぬ、ねこ、ねずみ。

おひるねのいえでは、みんな寝ています。

でも、ひとりだけ、ねむれないものがいて・・・

きもちのいーい絵と、
きもちのいーいことば。

ゆったり、ゆったりとした、積あげ歌です。

刻々とトーンの変化していく、雨に包まれ、青味がかった部屋。そこから流れる、おひるねの、気だるい、まったりとしたきもちのいーい空気に浸り、あくびがでそう。

それにまあ、おひるねのいえの住民たちの寝顔の、すやすやと、気持ちのよさそうなこと・・・

・     ・     ・

ひとりずつ、眠りを重ね、目覚めは瞬く間に。

いつの間にか顔を出したお日さまの光、さっきとちがう外からの音。そう、これが雨の日のおひるねの、醍醐味ですね。

  

【この本のこと】

「おひるねのいえ」
オードリー・ウッド 作
ドン・ウッド 絵
えくにかおり 訳

【誰におすすめ?】

読んであげるなら、4歳くらいから。どの年齢でも楽しめるので、雨の季節のお話会の隙間にもよいと思います。

お話しは単純ですが、絵が雄弁。美しく、面白く、それにおしゃれ。

(よく見ると、小さな小さな、だけど重要な役割のノミも、最初から最後までちゃーんといます)

雨の日の、そして雨上がりの空気がそのまま閉じ込められた絵本です。