バスにのって

 

ふだんの生活の中で、地平線をみることなんて、めったにないけれど、
旅先などで、それが見える場所に立つと、沸き上がる力をかんじます。

どこか、想像もできないくらい遠くのどこかに、
つながっているような自由な、のどかな気持ちになる
水平線とは少し違って。

地平線は、わたし次第でどこにでも行かれるんだ・・・って、
スタート地点に立っているような心意気。

どこか外国の砂漠の中で、
旅人が遠くへ行くためにバスを待っています。

 空は ひろくて
 風は そよっとしています

 まだ バスは きません

 トントンパットン
 トンパットン

ラジオをつけ、トラックや、いろんな人が通りすぎ、
夜がきましたが、まだバスはきません。

朝になり、待って待って、やっときたと思ったら・・・

 

旅人は、すこし待って、
やっぱり歩いて遠くに行くことにしました。

 トントンパットン
 トンパットン

 

バスに乗っていくのも、
乗ったはいいけれど、あんまりぎゅうぎゅうで途中下車してしまうのも、
より道ばかりなのも、遠くへいくのをやめてそこに家をつくるのも、
どれも、それぞれ、旅のかたち。

ただ、地平線だらけのこの絵本を見ながら、
心地いいリズムに身をまかせていると、
つい、歩いていってみたくなります。

だって、時間はたくさんあるんだし、
大地は、こんなに広く、続いているし。

なにか、たのしいことを見つけられるような、気がするし。

こんなに、のんびりしている絵本なのに、
地平線の力で、なんとなく、心意気。

・     ・     ・

【この本のこと】

「バスにのって」
荒井良二 作 偕成社

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3歳くらいから

旅人がバスに乗ろうとしたけれど、なかなかこなくて
やっと来ても満員で乗れなくて、歩いて行くことにした、お話。

でも、そこに、異国の空気や、リズムが加わり、
広い空が、夜の暗闇が、のんびりした人々が、
そして地平線が加わり、独特の世界を作り出します。

子どもに読むのはもちろん。

これから1歩を踏みだす人への贈り物にも、おすすめです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です