わたしの庭のバラの花

これはわたしの庭のバラの花。

これはわたしの庭の、
バラの花でねむるハチ。

これはわたしの庭のバラの花でねむる、
ハチに日かげをつくっている、
すっとのびたタチアオイ。

これはわたしの庭のバラの花でねむる、
ハチに日かげをつくっている、
すっとのびたタチアオイのわきの、
まるいオレンジいろのきんせんか。

これは・・・
         (本文より)

わたしの庭のバラの花

とても美しい、花壇の積みあげ歌です。

初夏の、静かな昼下がりの庭。

うっとりとふくらんでいく、言葉と、イメージ。ページから、あふれていく花々。

きんせんか、百日草、ひなぎく、つりがねそう、ゆり、ぼたん・・・

ページの隅から顔を出し、花と共にふえていく小さな生き物たちも、花の間や葉の裏で、のどかにそれぞれの営みをはじめ。

まるで、気持ちのいい日の、うたたねの夢のように、うたかたの花園が、密やかに広がっていきます。そう、美しく咲き誇る花々の中に、ちいさな野ねずみがあらわれ、それをかぎつけた、ちぎれ耳の猫がやってくるまで。

 ・     ・    ・

そして、すべてが終わり。

また、最後に残る
初夏の静寂と、1本のバラの花。

ただ唯一の、目撃者である、わたし。

 

【この本のこと】

「わたしの庭のバラの花」
アーノルド・ローベル 文
アニタ・ローベル 絵
松井るり子 訳
らんか社(セーラー出版)

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3歳くらいから。

ページに溢れていく花々、虫たち。それを眺めているだけでも楽しく、年齢は選びません。

ただ、美しく言葉と絵が積み上がるだけでなく、少しずつ忍び寄る不穏な空気からのユーモラスなオチで、物語としても満足。

お花を贈るかわりに、贈り物にしても。