つくし

 

自然がいっぱいの鎌倉でも、
気にしていないと、なかなか出会わないのが
つくしです。

春本番のすこし前。

春の草花に先駆けて・・・

そして、期間もみじかいので、
うかうかしていると、わさわさはえているスギナを目にして
はじめて、ああ、見過ごした!と気づくことも。

子どものころは、近くの公園にもはえていて
はかまの継ぎ目を途中でぬいて、
どこできれてるか、なんて当てっこをしたり、
身近な植物だったのですけどね。

つくしの1年が、土の中のようすと共に、
とってもわかりやすく描かれています。

それによると、
つくしとスギナは地下茎でつながっていて、
つくしが胞子を飛ばして枯れると、スギナが伸びて、
また来年のつくしを育てるために
おひさまの光りを根っこに集めるんだって。

なるほど!

知的好奇心も満たしてくれる、
自然の中の、ものがたり。

・     ・     ・

そういえば、わらべうたで、
「つくしだれのこすぎなのこ〜」って
あるのは、このことですね。

つくしはつんつんでるもんだ、わらびは笑ってでるもんだ♪
つくぼんじょ、つくぼんじょ♪

全国にいろいろな
つくしのわらべうたがあることからも、
つくしがいかに親しまれてきたかが、わかります。

・     ・     ・

【この本のこと】

「つくし」
甲斐信枝 作 福音館書店

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4、5歳から。

かがくのとものシリーズの1冊で、
このシリーズはどれも
身近なものをいろいろな角度から見せ、
好奇心の扉を開いてくれます。

こんなに薄い本なのに、
おとなの知的好奇心も満たします。

作者の甲斐さんは、
植物の絵本をたくさん描いていて
どれも本当に素晴らしい。

この絵本では、とくに
地面の中の様子がわかるところがわかりやすく圧巻で、
字の読めない子が眺めるだけでも、たのしいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です