ぐんぐんぐん みどりのうた

春には華奢な葉っぱばかりだったのに、いつの間にか緑は濃く、力強く草木のしげる、わが家の小さな庭。

これから、おひさまと雨の力で、もっともっとぐんぐん伸びていくのです。

ぐんぐんぐん

ーるんるんるん はるかぜの 
 においが してきたら

 ぼくは たがやすんだ
 ちいさな はたけ

 ぱっぱっぱっ たねまいて
 ゆめを あたためよう

 おひさまと あめが
 てつだってくれる

お花もそだて!作物もそだて!ぼくもそだて!ぼくの夢もそだて!

体いっぱいで奏でる威勢のいい詩に、大きく明るくのびのびとした絵が添えられた、とびきり元気のいい絵本です。

ーぐんぐんと のびる
 みどりのように

 ぼくも ちからいっぱい
 おおきくなるよ

 どろぼうがらすが ねらっても 
 まけたりするもんか

 にじのかなたまで 
 ゆめおいかける

目の前には、不安なんてひとかけらも落っこちてません。

空にも地面にも、しっかりと大地を踏みしめるぼくのなかにも、希望がぎっしり。意味なんて考えずに、体いっぱいで感じる生きるたのしさを謳った、人生賛歌。

いいですねー

笑顔と、満足と、希望。

草木も、子どもも、世の中の恵みをたっぷりと受けて、ぐんぐんぐん、たくましく、しなやかに、大きくなーれ!

 

【この本のこと】

「ぐんぐんぐん みどりのうた」
デービッド・マレット 文
オラ・アイタン 絵 
脇明子 訳 岩波書店

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3歳くらいから。

巻末に楽譜がついているので、歌うこともできます。

1年生の娘が、自分で読むのに気に入っています。一点の曇りもなく、明るい文章が、子どもながらにも気持ちいいのだと思います。