あたまにつまった石ころが

 

切手にコイン、人形やジュースのびんのふた。
みなさんも集めたこと、ありませんか?
わたしの父は子どものころ、石を集めていました。
ひまを見つけては、石垣のまわりや古い採石場をさがして歩きました。
まわりの人たちはいったそうです。
「あいつは、ポケットにもあたまのなかにも
石ころがつまっているのさ」
たしかにそうかもしれません。

ープロローグよりー

この絵本は、石ころ集めが大好きだったお父さんの話を
おとなになり、子どもの本の作家になった作者が語った、
ノンフィクションです。

石ころ、昆虫、電車、工作、絵画、星、映画・・・
「あんたは、勉強もそれくらい一生懸命やってくれたらねえ」
なんて言われながら、
夢中になっていた時期は、多くの人にありますよね。

大きくなるにつれ、興味の枝は多方向に伸びていき、
もちろん、そうして、春には花を夏には緑をつけ、小鳥がとびかう・・
そんな木もすてきです。

でも、中には、竹のようにまっすぐに、スーッと伸びたままの人もいるのです。

この、お父さんのような。

 

小さな頃から、石を集めることが大好き。

そのまま、あたまにつめた石ころを、手放すことなく、
だからお金儲けや身の丈以上の成功への欲がはいる隙間はなく、
どんな時代でも、おだやかでマイペースな表情のままでいられる、お父さん。

作者の語り口から、そのことがもたらした、
家族の平穏でささやかな幸せも、伝わってきます。

そして、その先にあった、とても大きなサプライズ・・・

道は、どこにでも、つながっていて、
歩いて行ったほうに、辿り着くのですね。

・   ・   ・

一編の良質なドキュメンタリー映画のような、
静かで深い感動が残る、絵本です。

一度、手放した石ころを、忘れられないおとなには
ふたたび手を伸ばすきっかけを

手放すべきか迷っている若者には、大きな可能性を

そして、なにより、
夢中になるものと、夢中であり続ける才能に恵まれた人たちに、
そのまま突き進んでいく力をくれます。

たとえ、いつかは手放す日がきてしまうにしても。

人からみたら、価値のないことに見えるかもしれないけど、ね。

 

【この本のこと】

「あたまにつまった石ころが」
キャロル・オーティス・ハースト 文 ジェイムズ・スティーブンソン 絵
千葉茂樹 訳 光村教育図書

【だれにおすすめ?】

好きなこと、嫌いなこと、
将来のこと、自分のこと

そんなことをぼんやりと考えはじめる、
小学校高学年くらいからの子に、おすすめしたいです。

中学や高校生の子たちにも。

そして、子どもたちのそばにいる、おとなの人にも。

ことり文庫では、卒業シーズンに、並べます。
夢中になることは才能だから、
胸を張って、歩いてね、と。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です