絵本でいちばん大切なこと

絵本でいちばん大切なこと

小さな子にとって、絵本の何がいちばんかというと、内容ではなく、読んでもらっている時間なのだと思います。

はじめて絵本に出会う小さな子にとって、絵本は「もの」ではなく「時間」。

絵本で大切なのは、それがよい内容かどうかではなく、読んでくれるお父さんお母さんの存在です。

どんな内容か、よりも、誰にどんな風に読んでもらったか、が残っていきます。

店をやっていた頃、時々、若いお客さんたちが、友だちと競うようにして、あれ読んでもらったこれも読んでもらった、と言い合う姿を目にしました。

それは、とてもうれしそうで、絵本を読んでもらった、ということが、愛されていた証になり、自信につながっていくんだなあと、感じていました。

絵本にはいろいろな力がありますが、この、愛情確認装置としての役割を、わたしはとても大事にしています。