バーニンガムのちいさいえほん

 

ー うちには うさぎが いるんだよ

  にわに こやが あるんだ

  たんぽぽが だいすきなの

  ぼくは
  うさぎを なでるのが すき

  ときどき うさぎは
  そとへ でちゃう

  にわを はねまわるのが すきなんだ

        (「うさぎ」本文より)

ゆき
もうふ
がっこう
いぬ
とだな
ともだち
うさぎ
あかちゃん

この、「バーニンガムのちいさなえほん」シリーズは、小さな子と対象物との関係を描いた絵本です。文字も少なく、このようなサイズやタイトルだと、幼児向けの「認識絵本」だと思われがちですが、少し趣が違います。

4、5歳くらいの男の子が、身近なもの(人や動物)を紹介してくれているのですが、その視点が、もう、思うがまま。

言葉も気持ちも、多すぎず、少なすぎず、過不足ない語りで、本質を描き出していきます。

これが、見事。

まるで、哲学。

この男の子にとって、それ以上でも、それ以下でもない。

絵本の中でも、暮らしの中でも、おとなが子どもに関わると、ふつうはそうはいかないのです。

飾らず背伸びせずおもねらず、見くびらず。子どもは、自然にそんな絵本をたのしみますが、このシリーズは、こんなに短くにシンプルなのにそんな条件をそなえます。

おとなだって楽しめる、幼児絵本です。

 

【この本のこと】

「バーニンガムのちいさなえほん」
ジョン・バーニンガム 作
谷川俊太郎 訳
冨山房

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、2、3歳から。

一見ファーストブックのようで、確かに小さな子も楽しめますが、本当はもう少し上・・・4、5歳くらいの子が共感できると思います。

字を読み始めた子が、自分で読むのにも、ちょうどよい。

小学1年生の日記のようだし、教科書に載ってもいいのでは?と思うほどに、よくできた絵本。

何十回と繰り返し開いていますが、その度に、目からウロコが落ちています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です