あすはきっと

 

あたらしい年が、はじまりました。

この1年は、きっと、
たのしくて、平和で、あたたかで
笑ってばっかりの年になりますよ。

そう、思いませんか?

ー こどもたちは ベッドのなか。

  「おやすみ」といって、目をとじる、じかん。

  めをさまして「おはよう!」っていうと、
  もう そのときが、あす。

  あすは、こんなこえで はじまるよ。

  「うあい、あかるい おひさまあ!
  あさごはんが たべたいや!」

         (本文より)

あすは、なんだって、できるんです。

なにをして遊ぶこともできるし
歌うことも。

シャボン玉がふわふわきえていくのを
見ることになるかもしれないし
今日より高くつみきがつめるし
なくしたおもちゃはみつかるし
あたらしい友だちができるし
けがだって、なおっちゃう。

朝から夜まで、ずっとにこにこ、わらっているかも。

つまり
あしたは、だれにだってきっと、いい日だっていうこと。

これって・・こう思えるって、
とっても、うれしいことだなあと、思います。

 

ー さあ きみの きょうという日と
  あすという日のために、
  キスを いっぱい あげよう。

  ぜんぶ きみのために!

        (本文より)

かがくような明日の讃歌を
まるごと抱きとめる、
カレン・ガンダーシーマー(ギュンダシャイマー)の
無邪気で繊細でかわいらしい絵も、おおきな魅力です。

 

【この本のこと】

「あすはきっと」
ドリス・シュワーリン 文
カレン・ガンダーシーマー 絵
木島始 訳
童話館出版

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3歳くらいから。

ぽんぽんと軽やかに弾むように流れる文章が、たのしく、心地よく、読む年齢はあまり選ばないと思います。

とってもとっても、前向きになれる。元気になれる。

明日がくるのが、たのしみになる、そんなハッピーな絵本です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です