【12月2日】ようせいのゆりかご

 

ー妖精は信じる人の心をかてにして
 生きていると聞いたことがあります。

        訳者のあとがきより

くもの巣のゆりかごで眠る、
妖精の女王さまの、赤ちゃん。

銀のうつくしい指ぬきを、
巣にもちかえってしまったネズミの家族。

ブナの木のお茶会に、
おめかしをしてでかける、小さな妖精。

ノアのはこぶねのおもちゃの
ゾウにのってみたかったこびと。

王さまへの贈りものを
掘り当てようとしているこびとたち。

かわいい歌をうたいながら、
夜の見張り番をしている、サクラの木の精。

そして、
サンタクロースと、ほかのかざりたちのおかげで
すてきな友だちと出会うクリスマスツリーかざりの、
ガラスの小鳥。

物語を紡ぐ名手エインワースのたくさんの物語の中から、ちいさいものたちを主人公にした短いお話だけで編まれた、物語集です。

・     ・     ・

妖精もこびともサンタクロースも、世界中の不思議なことはみんな、信じることをやめたら、なくなってしまうのです。

見たことがあるかどうか、より、ずっと大事なことが、あるのだと思います。

・     ・     ・

【この本のこと】

ルース・エインスワース 作
河本祥子 訳・絵 岩波書店

【だれにおすすめ?】

どのお話もとてもかわいく、しかも完成された小さなファンタジーで信じる心があれば、誰でも。

自分で読むなら、3年生くらいから。

読んであげれば、5歳児もたのしみます。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です