つばさをもらったライオン

 

ねこの国をおさめる、金色のたてがみのレオ王は、とても立派な王様でした。

読み書きは、自分の名前すらもできませんでしたが、「がおう」のひと声で、みんな言うことを聞いてくれましたし、きれいなお妃さまもいましたし、黄金もどっさり持ち、立派な宮殿に暮らしていました。

たったひとつ、気がかりだったのは、北に住むオットー王の宮殿の壁には、なにやら不思議な宝がずらりと並んでいると、うわさされていたことでした。

そのうちに、レオ王とお妃に、王子が生まれました。

すばらしいことに、王子である赤ちゃんライオンには、背中につばさがはえていました。

ところがある日、王子は、まだじょうずに飛べないというのに、そよ風にのって、ふわふわと窓の外に流されてしまいます。

さまよって、迷子になった王子が、親切なふくろに助けられて、つれていかれたのは、北の国のしろくまのオットー王のもと。

そこは、とても古めかしく、豪華な装飾はありません。

ただ、壁にはずらりと、王子のみたこともないものが、並んでいて・・・

タイトルにある「つばさ」は、最初、王子の背中にはえ、体を自由にしました。

そして、その先で王子は、心を解き放ち、さらに遠くへ飛んでいくことのできる、もうひとつの「つばさ」を手にします。

王子を夢中にさせ、とても幸せな顔で眠らせ、学ばせ、自信をもたせ、成長させた、オットー王の宝。

心を羽ばたかせる、もうひとつのつばさ。

それが、本、なのでした。

 

挿絵は、ダイナミックかつ正確で隅まで美しく、そのうえ、表情豊かで、ほどよい遊び心も秘め、なんともチャーミング。物語の本質を、品よく語ります。

見返しには、AからZまでのアルファベットが、それぞれに世界の昔話をモチーフに描かれています。

堂々と、ゆるぎなく、愛とユーモアのこもった本の讃歌。

ただ、たのしむだけで、本のすばらしさが、伝わります。

 

【この本のこと】

「つばさをもらったライオン」
クリス・コノヴァー 作
遠藤育枝 訳
ほるぷ出版

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4、5歳くらいから

つばさは・・・どんな力も、ただ持っているだけでは意味はなく、その使い方を理解する必要がある。理解するためには、学ばなくてはならず、本はそれを助けます。

そして本は、学ぶだけでなく、楽しみ、人を結び、知識や時代を未来へつなぐ。

そんなことを感じられるような少し大きな子どもたちにも、手にしてほしい絵本です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です