ルリユールおじさん

 

大切にしていた図鑑のページがこわれてしまった少女。

なおしてくれる場所をさがして、パリの街を走り回る少女は、ルリユールという本なおしの職人の話を聞き、路地裏へやってきます。

扉の向こうは、たくさんの紙や皮やその他、大小の道具や材料でごちゃごちゃ。

目を輝かせる少女の声と、本から聞こえる声。

どちらにも静かに耳をすませながら、本なおしのルリユールおじさんは、しずかに、丁寧に、託された図鑑にあたらしい命を吹き込んでいきます。

・     ・     ・

ルリユールという言葉の持つ「もう一度つなげる」という言葉の通り

少女の想いとルリユールを
木の図鑑とルリユールおじさんの思い出を
この出来事すべてと少女の未来を

つなげて、綴り、丁寧に仕上げられたストーリーは、とても丈夫でしっかりとしていて、何度くりかえしページをめくっても、こわれることはありません。

・     ・     ・

おじいさんの子ども時代と、少女の未来は、交わっている。

少女の見上げる木を、別の日に見上げている人が、きっといる。

たくさんの想いが、リレーのようにつながり、支え合い、人生は紡がれていく・・・そんなシンプルで力強い感覚が、しっかりと心に根をはります。

 

【この本のこと】

「ルリユールおじさん」
いせひでこ 作
講談社

【だれにおすすめ?】

読んであげるというより、自分で読む絵本です。

小学校中学年くらいから。

ことり文庫では、旅立ちや卒業の贈り物にも、よくおすすめしています。

本について
夢中になることについて
仕事について
続けることについて
バトンを渡すことについて
受け取ることについて
未来について

そして、時について。

そのすべてが、短い文章で描かれていることに、読むたびに、感動します。

ルリユールが手がけた本のように、一生めくることに耐えうる、素晴らしい絵本だと思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です