かぼちゃスープ

 

世界一おいしいかぼちゃスープをつくる、なかよし3人、ねことりすとあひる。

森の中の小さな家に一緒に住み、毎日歌って、スープをのんで、愉快にくらす。

音楽を演奏するときは、ねこがバグパイプ、りすがバンジョー、ちいさいあひるが、歌をうたう。

かぼちゃスープをつくるときは、ねこがきりわけ、りすがかきまぜ、あひるが塩で、味つける。

ちゃんと役目がきまってて、けんかなんておこらない。

はずが・・

ある朝、あひるが思い立つ。「ぼくが スープを かきまぜる!」

そこからはじまる、大騒動。とうとう、あひるが家出した!おいしいかぼちゃスープ、どうなってしまうの?

歌うようにはずむ、テンポのいい言葉と、大きめの絵本からも、喜怒哀楽ごとあふれてきそうな、ほっかほかに元気がよく、見応えのある絵。

おいしいかぼちゃスープが、ページから飛び散る、とろーり、ぴちゃ、ぴちゃ!

・     ・     ・

ごはんがおいしくなる、絵本がたのしくなる、最高のスパイス。それは、わいわい、たのしく、にぎやかに。

家族や仲間と、かぼちゃスープが飲みたくなること、絵本がよみたくなること、それはもう、まちがいなしです。

 

【この本のこと】

「かぼちゃスープ」
ヘレン・クーパー 作
せなあいこ 訳
アスラン書房

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4歳くらいから。

美味しそうなスープ、躍動感のある絵、リズムあるテキストは読んでいて楽しくて、子どもよりも夢中になってしまうお母さんも多いです。

動物たちは、友だち同士の設定ですが、兄弟のようでもあり、兄弟のいる子と読むと、それぞれの気持ちがよーくわかって感情移入しているのが伝わります。

ハロウィンの季節にもおすすめ。

続編に「こしょうできまり」「とびきりおいしいスープができた!」もあります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です