しずかなおはなし

 

ー ちいさな こえで よむ おはなし。
  そっと そっと そっと・・・
  はいいろの はりねずみたちの
  しずかな しずかな おはなし。

              (本文より)

月夜の晩に、はりねずみの家族はそろって、さんぽにでかけた。

静かな夜の暗闇に、ちいさなはりねずみの足音が、とぶ、とぶ、とぶ。

ところが、みんなぐっすり眠っているはずの森で、目を覚ましているおおかみが、2ひき・・・

・    ・    ・

ちいさな音が聞こえて、何かの気配を感じて、いっそう深まる、夜の静けさ。

ただそれだけ、とも、それで全部、とも言える、夜の冒険。

おふとんの中で、身を寄せあって、しずかに、しずかに、胸を高鳴らせ、なでおろし、ほほ笑んで、目をとじる、しずかなしずかな、おはなしです。

 

【この本のこと】

「しずかなおはなし」
サムイル・マルシャーク 作
ウラジミル・レーベデフ 絵
うちだりさこ 訳
福音館書店

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、3歳くらいから

作者のマルシャークは、「森は生きている」で有名なロシアの作家です。

ロシアの絵本なので、ページ数は少なく、12ページしかありません。物語も、ごくごくシンプルですが、それゆえに子どもたちには描かれた世界すべてが届きます。

絵は表紙の通りの色彩でしずかな物語によく合い、動物たちはまったく擬人化されていなくても表情豊かです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です