おつきさまこんばんは

 

赤ちゃんには、この世界が、どんな風に見えているんだろう、と考えると、この絵本が浮かびます。

くらい夜空に、ぽっかりと浮かぶ、あたたかなあかりの、おつきさま。

実際、生まれたばかりの赤ちゃんは、まず、光(明るさ)に反応するそうで、色でいうと、寒色よりも暖色、明るくてあたたかい、黄色のような色が好きなのだそうです。

そう、この絵本に出てくる、おつきさまのような。

ふと上をみたら、今日は満月だった、というのはよくある話で、人を惹きつけるあの光が、空にかかる本物のおつきさまが、ふわりと枕元にやってきたような、絵本です。

おやすみなさいおつきさま

まっくらな夜、おうちには、明かりがともります。

すると、屋根の向こうから、すこしずつ、おつきさまが顔をだし、やがて空に架かります。その時、雲が流れてきて・・・

 

お月さまが主役。

月が登る、それだけの、赤ちゃんや幼児に向けた、とてもシンプルなストーリーですが、タイトルの向こうからやってくる2匹の猫や、月を眺めに外に出た親子のシルエットが、世界を少しふくらませ、近づけます。

おつきさまとおはなしするように、ゆっくりとページをめくっていくと、こころも、声も、まあるくおだやかになって、読んでいるお母さんも、うと、うと、うと。

みんなで、おつきさまの笑顔を見とどけて、パタンと本もまぶたもとじれば、ぷくりと、やさしいお顔のおつきさまと窓からもれる、あたたかそうな明かりが、まぶたのうしろに、のこっています。

おやすみなさーい・・・

 

【この本のこと】

「おやすみなさいおつきさま」
林明子 作 福音館書店

【だれにおすすめ?】

赤ちゃんのファーストブックにもよく選ばれる、ロングセラー絵本です。

ただ目で追っていたのが、猫たちの存在に気がつき、おつきさまの表情を理解し、楽しみを深めながら、長く楽しめます。

小さな子どもにとっては、雲が月を隠すことだって、ドラマチックなんですよ。

【今日は何の日?】

満月の日にかぎって、空をふと見上げるのは、なんでなのでしょう?

夜中に目が覚め、カーテンの隙間から漏れる夜がいつもと違うような気がして、窓をのぞく時も、たいてい満月です。

そんな、人を惹きつける満月の明かりが、この絵本の中に、ちゃんとあります。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です