夏のファンタジー、2冊

 

夏になるといそいそと本棚から取り出す、2冊のファンタジー。

遊ぶ友だちが見つからず、神社まで来た”かんた”が、でたらめに歌った歌からはじまる、おかしな3人組の妖怪たちとの、ゆかいなひとときを描いた「めっきらもっきらどおんどん」

家の裏の川で涼んでいた”おっきょちゃん”が、かっぱの男の子に誘われて、川の中のお祭りに行き、そこで過ごすことになる「おっきょちゃんとかっぱ」

どちらも、セミの声が聞こえそうな真夏の昼間、ふとしたことがきっかけで異世界へ足を踏みいれるファンタジーです。

ふたりとも、異世界でたのしく遊ぶものの、うちを思い出し、恋しくなり・・・

いつもの毎日の中に、異世界とつながる扉があること。帰りたくなるきっかけ(家族)があって、それが叶うこと。出会いと、別れ。

何十回読んでも、惚れ惚れほど見事な、行きて帰りし物語は、もう会えない戻れない、ほんのすこしのさみしさが、奥行きを増します。

戻れないから、いっそう眩しい、ビー玉に閉じ込められたようなキラキラした時間。

お話はもちろん、自在な構図の生き生きとした絵が、また、すばらしく。

夏、必携です♪

 

 

【この本のこと】

「めっきらもっきらどおんどん」
「おっきょちゃんとかっぱ」
どちらも、長谷川摂子 文 降矢菜々 絵 福音館書店

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4歳くらいから。

絵も物語も素晴らしい、行きて帰りしファンタジーで、日本の情緒が物語全体に豊かに流れます。

本棚に入れておき、夏が来るたびに、何年もなんども、楽しみたい傑作絵本です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です