こねこのチョコレート

ー 「こねこのチョコレート、ひとつ たべたいな」ジェニーは、おもいました。「はこの中には、八ひきも こねこが いるのよ。あたしが ひとつくらい たべたって、クリストファーは、気にしないとおもうな」

  (本文より)

ジェニーは4才の女の子です。

あしたの弟のたんじょう日のために、お母さんとプレゼントを選びにいったジェニーは、お小遣いで、ちいさなかわいいこねこが8つもはいった、きれいな箱入りのチョコレートを買いました。

じぶんの部屋のたんすの中にかくして、ベッドにはいったジェニーですが、こねこのチョコレートが、どうしても、気になって眠ることができません。

とうとう、ベッドをぬけだして・・・

・     ・     ・

そのあと起きた、大変なできごと。

チョコレートの魔法を知っている人なら、恐ろしくて、ページをめくるのをためらわずにはいられないでしょう。

そう、どうしても気になって、夜おそく、チョコレートの箱を、あけてしまい・・・

そして、一粒だけ食べ、いちどはベッドにもどるものの、ひとつじゃ、おなかの中のチョコがかわいそう、なんていって、もうひとつ。

もうひとつ・・・

キャー!

なんて。

でも、この甘くてあたたかな、こころの安らぐ空気に満ちた物語と、やさしいおねえちゃんには、ぴったりのすてきなハッピーエンドがやってくるはずです。

きっと、だれかが、運んできてくれるのだと思うのですけど、だれなのでしょうね?

おいしそうなチョコレートが、街にあふれる季節。

ちいさな子だけでなく、甘いものに目がないおとなのかたも、ぜひ、どうぞ♪

 

【この本のこと】

「こねこのチョコレート」
B.K.ウィルソン 作 大杜玲子 絵
小林いづみ 訳 こぐま社

【だれにおすすめ?】

読んであげるなら、4、5歳くらいから

低学年の子のひとり読みにも

もともと、ストーリーテリングのテキストだったので、しっかりと起承転結があり、語り口も耳に心地よく、イメージがすっと入ってきます。

子どもだけでなく、甘いものの好きな人は誰でも、共感せずにはいられないと思います!